過去に何度もヘッドハンティングされている私の彼

私の彼は元々中小企業の営業職でした。それほど給料がいいわけでもないのですが、社員みんなが仲良くて理不尽な残業などもなく、薄給ながらもとても働きやすい会社だったと聞きます。
そんな中だからこそでしょうか。彼も仕事を一生懸命頑張って、それが割と大きい企業の偉い人の目に留まり、ヘッドハンティングされました。会社の人は「せっかくの機会だから」と快く送り出してくれました。


新しい会社は規模が大きく、前の会社のような感じはなくなりました。その分仕事にもやり甲斐があり、充実した日々を送れていたようです。毎日お疲れ様と言うと、「その分すごく楽しいよ」と言っていたのが印象的でした。

求人票・インターンシップの受付 | 新潟県立大学

その会社にも慣れた頃、大きいプロジェクトを一任された流れで、さらに大きい会社にヘッドハンティングされました。この頃はさらなるステップアップを狙っていた時だったので、これもすんなり受領。また新しい会社で働くことになりました。
今現在もその会社で働いており、とても忙しそうにしています。最初の会社に比べたら給料もかなり良いようですが、そのかわりプレッシャーだとか責任が非常に大きいようで、ストレスや精神の磨耗も結構なもののようですね。

求人票の受付について|山形大学キャリアサポートセンター

このように何度もヘッドハンティングされてきた彼ですが、たまに「最初の会社よかったなぁ」とこぼしています。ヘッドハンティングによってキャリアアップしていくことで充実感は増えますが、その反面失うものもあるとのこと。何を得て何を失うか、その会社は本当にいい会社か、しっかりと見極める必要があると彼はよく言っています。ヘッドハンティングされた人は、目先のことに踊らされず、将来のビジョンをしっかり持ってくださいね。